漢方薬の効果がある

漢方ってどんなもの?

漢方は、現代の日本人の生活にも身近な存在になりました。

 

例えば、有名な胃腸薬や風邪薬にも、漢方が使われて名称にもなっているものがありますね。

 

漢方のお酒なども、昔から日本で人気の商品があります。

 

最近ではダイエットのための漢方も市販されており、広く一般に知られるようになりました。

 

 

漢方というと、漢方薬のことをパッと思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、漢方といっても漢方薬の他に漢方医学というものがあります。

 

漢方医学は、中国を起源として日本で発展した伝統医学です。

 

鍼灸や養生、按摩なども、漢方医学の一つです。

 

これらは全て、人間が本来持っている治癒力を高めて体を修復したり、整えることを目標としています。

 

漢方薬も、その治療の一環として使われる薬なのです。

 

西洋医学で使われる薬が病気の原因そのものに作用するのに対して、漢方薬は病気に関連する部位を修復することで治療を目指します。

 

このように大きな違いはあっても、西洋医学で漢方薬を使うケースは増えてきています。

 

体に刺激が強過ぎる西洋医学の薬と比べて、穏やかな作用で体を修復していける漢方薬が注目されているということでしょう。

 

 

漢方薬は、複数の生薬を組み合わせて用いられるという特徴があります。

 

原料が天然のものであるのに対して、西洋医学の薬剤は単一成分で人工的に精製された合成品であることがほとんどです。

 

漢方薬のメリットの一つは、複数の原料を調合することから得られる複数の効果にあります。